金縛りの原因と対策を徹底解説!怖い幻覚ばかり見る謎に迫る!

ヘルス

・よく金縛りに会う人
・睡眠が浅いと感じる人
・朝起きて疲れの取れない人

実はなったことのある人が多い「金縛り」
急に体が動かなくなって怖いですよね。

起き上がろうと思っても起き上がれず、声も出せず・・・。かと思えば、金縛り中に幽霊を見た人も多いのではないでしょうか?

かくいう、私も実は金縛りになりやすい人間でした。
毎晩のように金縛りになって、本当にお化けでもいるのではないかと思ったほどでした。

しかし、きちんと原因を追究すると、それは幽霊ではなく体の仕組みの問題だったのです。

私は幽霊否定派ではないのですが、もしかしたらそれは「あなたがちゃんと睡眠を取れていない」証拠かもしれませんよ。

金縛りってなに?

まず、睡眠の質について話す前に、金縛りの正体について解説していきましょう。

金縛りというのは、「脳が起きているけど、体が眠っている状態」になると発生します。

脳が起きて意識があっても、体が眠っているために「動け〜」と意識しても動けないんです。

おや、ちょっとまてください?
ここで疑問が1つでます。

体が眠るってどういうこと?

実は睡眠には「脳の睡眠」と、体の睡眠の種類があります。

脳の睡眠には、「レム睡眠」「ノンレム睡眠」があるのは有名ですよね。
この2つは眠っている間は大体90分間隔で交互に変わっていきます。

レム睡眠は、少し浅い眠りで若干脳が起きている状態で「記憶の整理」「起床に向けて活動準備」の意味合いもあります。 ノンレム睡眠は、レム睡眠とは逆に脳が完全に休息状態となり、身体的活動を縮退して体の緊張をほぐすことを目的としています。

そして、体が眠るのはレム睡眠の時です。

レム睡眠の時は、浅い眠りで「記憶の整理」をしていると説明しました。

この「記憶の整理」では活動していた時の記憶を思い出しています。
なので、活動している映像を脳が見ていて、それに触発されて体が動き出してしまうのです。
寝ていて意識がないまま動き回ってしまっては、予期せぬ危険が多いですよね?

ポイント

そのため、脳はレム睡眠の時は体が動かないようにロックをかけます。
それが、「体が眠っている時」なんです。

レム睡眠中は体がロックされている状態なのに頭が変に起きてしまうとこのロックが外れていない状態で目が覚めてしまいます。
頭は冴えているのに、体が動かないのは、これがまさに金縛りの正体です。

金縛りのときに怖い幻覚を見る理由は?

金縛りのときに幽霊を見てしまうのも、言うなればこの「半睡眠状態」が要因にあります。
金縛り状態になったということは、一度はレム「睡眠」に入っていることを意味しています。睡眠に入ってから、急に起きてしまった頭の状態は「寝ぼけている」状態に近くなっています。

ポイント

この状態は、催眠術にかかるときと同じで、暗示にとてもかかりやすい状態となっています。

①「体が動かない!」
②「なぜ動かない?」
③「幽霊の仕業か!?」

と頭で勝手に解釈を始めてしまい、自己暗示をかけて簡単に幻覚を見てしまいます。
なので、金縛り中に会う幻覚は自分にとって一番恐怖を感じるものが出やすいです。

「こうであって欲しくない!」と考えるものほど意識に強く浮かび上がってくるため、一番あって欲しくないと思っている幻覚を金縛り中は見てしまいます。これが、怖い幻覚ばかりを見る理由です。

金縛りの原因はなんなのか?

レム睡眠で体がロック中に頭だけが冴えてしまうのが金縛りの正体とわかりました。
では、この現象はなぜ起こってしまうのか、解説していきましょう。

金縛りの原因は、既にある程度判明しており、
 ①ストレス
 ②睡眠習慣
 ③疲労
といわれています。

通常では、レム睡眠から覚醒状態(目が覚める)になるときに、体のロックは自然と外れます。
ノンレム睡眠のときも体の緊張をなくして、疲れを取るのが目的なので、このロックは外れます。

つまり、体のロックはレム睡眠のときにしか起こらないということを覚えて置いてください。

睡眠中に交互に表れるレム睡眠の中で、何故意識を取り戻してしまうの?その大きな原因となるのが、昼間のストレスの記憶です

ここで、はじめの方で説明したレム睡眠が「記憶の整理」を行うといった話につながります。
活動中に受けた過度なストレスは、睡眠中もフラッシュバックし、意識の覚醒を促します。
例えば、上司から怒られている夢を見ながらすやすやと安眠なんかできないですよね?

ポイント

ストレスによって、脳が強制的に覚醒させられますが、体が付いていけず、「脳は起きているけど、体が寝ている」
 ⇒ 金縛り状態を発生させます。

また、少し特殊ですが、「睡眠習慣」や「疲労」でも金縛りは発生しやすくなります。
例えばですが、時差ぼけや、お昼寝をした日二度寝した時が金縛りが起こりやすい状況です。

この状況に共通するのは、「脳の睡眠欲求」「就寝時間」に誤差があることです。

脳が「眠りたい!」というときと、いつもの習慣としている睡眠時間に誤差が出ると、睡眠のバランスが崩れます。
欲求のまま、お昼寝をしたり、時差ぼけでいつもと寝る時間が違うと脳の睡眠タイミングと体の睡眠(ロック)タイミングがずれてしまうのです。

特に寝入り端と言われる、眠りに入ったはじめの状態は最も浅いレム睡眠状態で、「体にロックするか?まだしないか・・・!?」くらいの不安定な状態です。睡眠バランスが崩れた状態だと、ふとしたタイミングで体の睡眠だけ先に起こり、「金縛り」が発生となるのです。

金縛りの対応策/解決策は?

これまでで、金縛りがどうして起こるのかを説明してきました。
原因についてはよくわかってもらえたと思います。

さて、では、ここからがおそらく一番求められているだろう金縛りへの対応策/解決策です。

対応策は、金縛りの原因である
 ①ストレス
 ②睡眠習慣
 ③疲労
を解消するのが最もベストな方法ではあります。

特に、睡眠習慣を整えるのが最も効果的で、この中では一番対応しやすいです。

ポイント

ひとまず「夜更かし」「お昼寝」「二度寝」をやめてみてください。
そして、毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きることを意識的に行うことで、劇的に金縛りに合う頻度が確実に下がります。

また最近の実証で、「横向きの体制で寝る」ことが金縛り対策に有効であると判っています。

ポイント

この横向きの姿勢は、いびきの解消睡眠時無呼吸症候群への対策としても使用されていて、呼吸しやすい寝格好とされています。
少しでもストレスの無い睡眠環境を整えることで、金縛りにあう可能性を下げることができるのです。

追加で、私の実体験レベルで科学的な根拠はまったく無いのですが、寝るときにラジオを聴きながら寝ると私は金縛りに会わなくなりました。

というのも、金縛りの原因が「体が眠っている」ことだと知ってから、なってしまってもいいから怖くないように楽しいラジオを流しておこうと考えたのです。なってもいいやと考えたおかげか、なぜかパタリと金縛りにあうことはなくなりました。

もし寝るときに人の声がしても気にならない方は試してみてください。

まとめ

金縛りについて、原因と対策をご紹介してきました。

本当に体が動かないのは恐怖を感じますよね。
少しでも悩める方の解決になればと思います。

なので、「睡眠習慣の改善」と「眠るときにストレスの無い環境づくり」を意識的に実行していってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました