Pythonはなぜ注目されている?選ばれている理由は?

IT

・習得するプログラミング言語を迷っている方
・何かプログラムで作ってみたいけど何ができるかわからない方
・IT技術職で年収を上げたい人

最近、脚光を浴びているプログラミング言語の「Python」ですが、
なぜこんなにも注目を浴びるようになったのでしょうか?

その理由をPythonの言語特徴から考察していってみましょう。
また、そこからこの言語を学ぶことで得られるメリットが見えてきます。

この記事を見た後にはきっと、Pythonを学んでみようかなと思ってもらえるはずです。

Pythonの言語特徴

既にPythonを使ったことがある方ならなんとなくわかっているかもしれませんが、触れたことの無い人にとっては他のプログラミング言語と何が違うのか判りませんよね。

なので、まずは・・・

Pythonってどんな言語なの?

Pythonは色々と歴史や特徴があるのですが、大きなもので言うと以下のような特徴を持ったプログラム言語です。

ポイント
  • 簡単に開発ができてとても扱いやすい言語  
  • 外部ライブラリが豊富ですぐにでも機能的なアプリが創れる言語  

上記で挙げた特徴を詳細に説明していきますね。

とても扱いやすいプログラミング言語

Pythonの第一の特徴に、とても簡単にプログラムを書くことができる容易さが挙げられます。

例えば、他の言語として「C言語」でプログラミングを書くとしましょう。
その場合、テキストエディター(メモ帳など)でプログラムを書いていき、パソコンの中のお好きなところに保存します。

この後に、保存したテキストファイルを「コンパイル」と呼ばれることをしてあげなくてはいけないのです。
このコンパイルは、人間が書いたプログラムの文字を「0」と「1」の数字に翻訳してあげることで、パソコンが読めるようにすることです。

このコンパイルをして、出来上がったファイルを実行することで、ようやくあなたが書いたプログラミング言語は動き始めます。

ここでPython以外のプログラミング言語では面倒なことが起こります。

ポイント

もしエラーがあって動かなかった場合は、
最初のテキストファイルを書き直し、保存、コンパイル、実行を再度し直さなければいけません。
それがたった一字打ち間違えがあっただけでもです。

比較して、Pythonではこの面倒な「コンパイル」という作業が不要なのです。
こういったプログラミング言語を「インタプリタ型言語」と呼びます。

このタイプの言語は、同じようにテキストにプログラミングを書いて実行を行うと、
翻訳しながら実行も行ってくれるという扱いやすい動きをしてくれます。

以下は実際に試してみた画面です。
打ち込んだ「print(“Hello World!!”)」を読み取って、次の行で「Hello World!!」が表示されているのがわかります。
このように保存も、コンパイルもせずに即時実行できるのが強みです。

このおかげで、変更点が出たときに容易に実行ができるため、
「Try & Error」が行いやすく、プログラミングの経験を積むのに適した言語と言えます。

外部ライブラリが豊富

第二の特徴に外部ライブラリが豊富であることが挙げられます。

まず、外部ライブラリを説明していきます。
外部ライブラリというのは、Pythonに読み込ませて使うことを前提に作られたPythonプログラムのことを言います。

例えば、あなたはPythonを使ってエクセルファイルの中身を読み書きしたいと考えたとします。頑張って自分でエクセルファイルを開いて中身を読み取るプログラムを書いてもいいのですが、他の人が既に作成し公開していた外部ライブラリを活用すると、自分で作らずとも容易に実現が可能です。

言ってしまえば使用しているパソコンにフリーソフトを入れるのと似た感覚ですね。
入れたライブラリを使って、実施したい目的に向かって進むことができます。

また、Pythonはその容易性から使う人がとても多いため、外部ライブラリを作成する人も豊富です。実施したいことに関してライブラリを探せば、かなりの確率で実現するために役立つものが見つかるでしょう。

例えば、
 ・エクセル操作・・・「OpenPyXLライブラリ」
 ・HTTPアクセス・・・「requestsライブラリ」
 ・世界中の時刻計算・・・「pytzライブラリ」
など便利なものは探せば大量に出てきます。

自分で作ったら1ヶ月はかかるような機能がインターネット上などで公開されている外部ライブラリを使うと数分で実現することが出来るのです。

こんな便利なことないですよね?
だから使う人が絶えず、新しいライブラリがどんどんと増えていき、さらに使いやすさが加速しているのです。

Pythonで出来ること

ここから具体的にPythonを使って実現できる便利なことの一例を紹介します。

もちろん他のプログラミングでも作成は可能です。
ただし、Pythonには既に有名なライブラリがあり、よく使われている例をご紹介します。

これもあくまでも一例なので、できることは開発者の想像力次第で無限大です。

Webスクレイピング

Pythonを使うことでWebスクレイピングというものが容易に実現できます。

ポイント

この技術は、一言で説明すると「Webページから欲しい情報だけを取ってくる」ものです。
例えば、天気予報サイトから自分の住んでいる地域の天気と気温だけを抜き取ってくることも可能です。

Pythonはメールを送信するライブラリもあるので、抜き取った情報を自身のメールアドレス宛に送信するプログラムを書けば、
自分だけの天気予報配信サービスが出来上がります。

今回は天気予報の例を出しましたが、他にも1分毎に株価を取得して「価格が上がり始めたら買い」、「価格が落ちたら売る」という自動売買システムも作成可能です。さらにさらに、Pythonの分析ライブラリを使って、株価の価格指向ベクトルが上昇傾向か下降傾向かを計算させて売り買いの精度を上げるなんてことも・・・。

これだけれも、面白いことができそうですよね。

ブラウザの自動操作

Pythonを利用するとブラウザの自動操作も容易に実現可能です。

ポイント

Google ChromeFirefoxを使ってインターネット上のWebページをクリックしたり、
文字の打ち込み操作を全てPythonで自動的に行わせることができます。

この技術を使うと、例えば「Instagramで特定の誰かが投稿した画像全てに「いいね」を付ける」
ブログを書いている人では「決まった時間になったら、投稿画面まで行って、記事を打ち込み投稿する」と言った
予約投稿機能も作れます。

私たちが行ってる「クリック」「キーボード打ち込み」は全て対応可能なので
想像力次第でなんでも自動化出来てしまうとても便利なものです。

会社勤めの方だと毎日の勤怠をWebページから申請する会社もあると思いますが、それを自動で入力させたりすることもできますね。

デスクトップアプリ作成

Pデスクトップアプリも容易に作成することが可能です。

ポイント

デスクトップアプリとは、自身のパソコン上に配置して動かすアプリのことを言います。
簡単に言うと自作のアプリを作ることが出来るということです

例えば、今まで説明した「Webスクレイピング」「ブラウザの自動操作」をブラウザアプリ化することも可能です。

「作ったアプリを実行するとURLの入力フォーム実行ボタンが出てくるようにして、
URLにWebスクレイピングしたいサイトを入れて、実行すると取得したい情報がでてくる」などですね。

これでも十分便利なアプリです。

Pythonはプログラミングを簡単に書く事が出来る言語ですが、
不特定多数の人に使ってもらう時はアプリ化して実行するだけで結果が出るようにする必要があります。
そのような場合にも即開発出来るのは大きな強みと言えるでしょう。

Pythonが注目される理由

Pythonがどういう言語かを説明してきましたので、言語特徴についてはお分かりいただけたと思います。
しかし、あくまでも特徴についてですね。

では最初の本題について説明していきましょう。

Pythonってなんでこんなに注目を浴びているの?

Pythonがそもそも注目された理由は、言語特徴と大きな関わりがあります。
「実行の容易さ」、「外部ライブラリの豊富さ」ですね。

詳細に説明していきます。

ライブラリの豊富さと開発容易性

やはり、大きな要因はライブラリの豊富さが挙げられるでしょう。

現在、Pythonと言えば、機械学習ビックデータ解析と言えるくらいこの分野でが活用が進められています。
これらの分野は高度な専門知識が必要になるもので、
研究者レベルの知識を持つ人でないと理論を作り上げることも理解することも厳しいでしょう。

なので、「理論を研究する人」「高度なプログラミング技術」を持ち合わせることで、械学習やビックデータ解析は実現出来るのでです。
しかし、この2つを持ち合わせるのはかなり難しい状況でしたが、「Python」によってこの環境を整えることができつつあります。

高度なプログラミング技術が無くとも複雑な計算を行うプログラムを書くことの出来るPythonによって、
「研究者」自信で理論をプログラミングで実装できるようになったのです。
この環境が整ったことが今の「Python=機械学習、ビックデータ」という注目を集めるきっかけになっていると考えています。

そして、大手企業によってこのようなPython利用が多くなり、Python自体の注目度も上がっているのです。
以下はPythonを取り入れている企業として有名です。ほとんど知らない人がいないような企業ばかりですね。

  • Google
  • Yahoo
  • Youtube
  • Dropbox

これらの大手企業かつ超有名企業に採用されたことで、今後も人気は急上昇していくことが予想されます。

配列型構造への適用力

別の観点から見ると、Pythonにおいて特徴的なものは「辞書型」と呼ばれる変数タイプが使用できることです。
この「辞書型」「連想配列」とも呼ばれ、ある値から紐付けられたもう一方の値が引き出せるというものです。

例えば、Waeizisyo(和英辞書)という辞書型変数を用意して、その中に日本語と英語を組にして登録していったとしましょう。

Waeizisyo={
“りんご”:”apple”,
“みかん”:”orange”,
“ばなな”:”banana”
}

この辞書に「りんご」を問いかけると、「apple」と返答してくれますし、
「みかん」と問いかかけると、「orange」と返答してくれます。

このように問い合わせたものに対して、紐づいたもう片方の値を返答してくれるため、「連想配列」と呼ばれます。連想配列という名前からもわかるかもしれませんが、この形は「A is a B」をコンピューターに擬似的に理解させることができるのです。特に自然言語処理や、推論システムの構築に大きく関わります。

ポイント

この連想配列は人工知能の分野では、とても重要な要因となるので、
親和性の高いPythonは機械学習に向けて適した言語と言えるでしょう。

AIの利用が取り沙汰されている近年では、Pythonの注目度を引き上げている要素と考えられます。

まとめ

現在、注目を浴びているPythoについてご紹介してきました。

「注目されている理由」や、「学ぶことでどんなことができるのか」がわかると
実際に使えるようになってみたくなりませんか?

特徴として説明したとおり、
初めての人でも簡単に使用できるのが「Python」の特徴なので、
興味を持ったら一度はじめてみてはいかがでしょうか。

Pythonの資格や他のオススメの資格が知り方はこちらも見てみると参考になると思います。
【2019年度版】IT企業で働く人におすすめの資格をご紹介!!

Pythonが使っている人が多いので、
インターネット上に情報はあふれているので、
困ることはないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました