座り仕事従事者必見!腰の痛みの原因と解決方法を徹底解説!!

ヘルス

現代の社会人にとって、若者から中高年まで幅広く悩んでいる腰痛。
特に座り仕事の多い方は慢性的に腰痛を抱えているのではないでしょうか。

かく言う私も座り仕事が多く、腰痛に苦しめられている一人です。
一日中パソコンとにらめっこしているとお昼過ぎくらいから腰に重い違和感が出てきます。

腰に痛みがあると座っていられなくなって、お仕事に集中もできなくなってきますよね。
こんな状態から脱するために、原因と解決法を見ていきましょう。

はじめに

腰痛は正式には腰痛症と呼ばれます。
原因の特定が難しく、原因が特定可能なのは大体全体の15%程度と言われています。

残りの85%は検査をしても原因が特定できないと言われています。
物理的に障害による物ではなく生活習慣やストレス、神経の障害などで生じていることも考えられます。

そのため、腰痛の解消は人それぞれ対処法が異なってくるため、
色々なことを試して自分に合うものを探すことをオススメします!

腰痛の原因は姿勢が悪いせい?

では、座り仕事の人で腰が痛くなる原因は何なのでしょうか?

ポイント

実は私たちの体には多くのクッションが存在しているのですが、
座っている時は下半身のクッションが使用できません。

なので、負担が全て腰にかかってしまうため、
座っているときのほうが負担が大きくなるのです!

更に、腰の負担には座っているときの体制によっても大きく変わってきます。

腰は腰椎と呼ばれる5つの骨がクッションを挟んで積み上げられて構成されています。
この腰椎が自然なカーブを描くような姿勢がもっとも負担が軽くなるのですが、
多くの人が正しい姿勢ができておらず、知らず知らずのうちに腰に大きな負担をかけているのです。

悪い姿勢ってどんな姿勢?

例えば、あなたはこのような姿勢をしていませんか?

 

1つ目は、悪い姿勢の代表的な「猫背」ですね。
デスクワークをしている回りの人でもこんな人がたくさんいますね。
特に集中されているときにこんな格好になっているような気がします。

2つ目が足組みです。
同じ姿勢が辛くなってよく足組みをしてしまいますよね。
この格好もやっているときは楽なのですが、腰椎がねじれるため腰痛の原因となります。

3つ目がもぐりこみといわれる姿勢です。
背もたれにもたれて腰の位置が椅子のだいぶ前に来ていますね。
私がよくやっているのがこの格好ですね。
確かに、見た目どおりだらけきっているので楽なのですが、腰痛がひどくなる一方でした・・・。

このような姿勢をしていると腰椎のクッションが正しく機能しないので、負担がかかる一方です。
負担がかかると腰の血流が悪くなったり、腰の筋肉のコリや腰椎すべり症などが原因となり腰痛がもたらされます。

姿勢が悪いときの腰はどうなっている?

では、姿勢が悪いと腰はどのようになっているのでしょうか?
姿勢が悪いと上半身を支えている脊椎自体のカーブがきれいに出てこなくなります。

正しい姿勢は、脊椎のカーブがきれいに自然なカーブを描き、立っているときと同じような自然な状態です。
S字カーブがきれいに保てていると、体重が分散されて腰への負担を減らすことができます。

このカーブがきれいに出ないことで負担を分散できずに腰負担がかかります。

ポイント

また、このS字で上半身を支えている脊椎の根幹となるのが骨盤です。
この骨盤も脊椎のカーブに大きくかかわってきます。

例えば、背筋を伸ばしまっすぐに見えても骨盤が後ろに倒れていると、
腰椎が後ろに引っ張られカーブが正常な状態に比べてゆるくなってしまいます。

逆に骨盤を立たせると、腰椎が前に回転し腰椎のカーブが大きくなり正常なS字カーブにすることができます。
なので、骨盤を前にまわしてたたせることをイメージしましょう。

 

腰痛の解消方法は?

デスクワークで悪い姿勢を続けると、腰に負担をかけておのずと腰痛に至るのはわかったかと思いますが、
では、どうやって解消すればよいでしょうか?

姿勢を正しくする座り方をしよう!

やはり、単純な解消方法は正しい姿勢に直すというものです。
上記で説明したように必要となるのは、骨盤が寝ている状態からきちんと立った状態にすることです。

ポイント

その体勢とするコツは、初めうちは椅子の深くまでしっかりと座ることです。

椅子に深く座り背もたれに背中をきっちりとくっつけましょう。
そうすることで、もぐるこみにも猫背にもなりにくくなるので、効果的な座り方になります。

ただし、気づくと座る位置が前に移動して、もぐりこみの状態になりやすいので気をつけるようにしましょう。
気づいたときに意識的に戻すことで、習慣化していくことできれば腰痛からも解消されると思います。

慣れたあたりで、今度は浅く座り背もたれを使わずに背筋を伸ばして座るようにしましょう。
イメージとしては、画像の姿勢がきれいになものになります。

常にこの姿勢を目指すようにしましょう。

ちなみに私は、この姿勢をするようになってから、腰痛がかなり軽減しました。
いままでは、座っていると腰が徐々に重くなってきて座っていられませんでした。
立ち上がった後も筋肉が固まっていて、歩くたびに激痛が走るような状態が続いていましたが、
かなりの改善が見られています。

骨盤をサポートしてくれる商品4選

骨盤を立たせて座るのが大事になりますが、
はじめのうちは自分の力だけで矯正するのは難しいと思います。

そんなときに助かるのが、骨盤矯正をサポートしてくれるサポートチェアです。
サポートチェアは、姿勢を矯正する機構を組み込んだ椅子と、
いままで使用していた既存の椅子に置いて使用する物があります。

椅子を丸ごと買うのは少しお値段が張りますし、場所もとるので私としては椅子に置くタイプをオススメします。

MTG Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)

こちらはMTG社が販売している骨盤サポートチェアになります。

MTG社はご存知名方も多いと思いますが、
かなり知名度の高い企業で化粧品や美顔ローラーなどのブランド商品を持つ「ReFa」
クリスティアーノ・ロナウド選手で有名になった「SIXPAD」などを販売している企業様です。

そのMTG社が提供する主要ブランドのひとつ「Style」から販売されているのが「Body Make Seat Style」となります。

ネームバリューの通り高品質な商品が多く、かつ、見た目もかなりスタイリッシュな製品が多いのも特徴です。
そのため、自宅で使ってもインテリアに調和し矯正器具が浮くようなことはなく、会社でも問題なく使用可能でしょう。
なので、自宅勤務の方も、会社勤務の方にも問題無くオススメします。

この商品の特徴は、体を支えてくれる点が「腰」「お尻」「太もも」の3点あることです。
この3点でガッチリ支えることで、美しい姿勢を保つことが可能となります。

HNOS シートクッション

こちらはHNOSのシートクッションです。
HNOS社は一時期有名になった腕を収納して腕枕の様な形で昼寝ができるマジックピローを販売している企業様です。

こちらのシートの特徴は、背もたれ部分も廃し、完全に座る場所にのみに限定して姿勢矯正効果を発揮させています。
その秘密が、このシートの反発力と座る部分の波模様にあります。

シートのしっとりとした強い反発力が腰をしっかりと支え、
座る部分の波模様が長時間座り続けることを考慮に入れて体圧を分散させる構造となっています。

また、このような骨盤矯正シートで気になるのが持ち運びやすさと清潔さですが、
他の商品と比べて背もたれ部分を廃したことでかなりスマートとなり、持ち運びやすさは抜群です。
清潔さも、通気穴が20個もあるのでお尻が密着する部分でも湿気が溜まることはありません。
また、カバーが取り外し可能で洗濯できるのもGOOD!ですね。

tegopo スワン

こちらが株式会社セルポ社が提供しているECサイト「tegopo」のスワンという商品です。
まるまるとしていて、かなりかわいらしい見た目の商品ですね。

こちらの商品の特徴としては、売り文句にも言われている「窮屈な座り心地」というものですね。
かなりタイトな骨盤矯正チェアとなっているようで、骨盤を支えることに特化している製品とも言えるのではないでしょうか?

腰痛の改善には骨盤をしっかり立てて座ることが重要と説明してきましたので、
骨盤を矯正する目的ではかなり合致した商品でしょう。

背もたれも6段階のリクライニング機能があり、お好みの角度に調整可能です。
肘掛もあるので、ゆったりと座るのにも丁度良いですし、なんと使わないときは背もたれを倒してコンパクトに収納が可能なんです!!

さて、かなり良い商品なのですが、ちょっと使いづらい場面も・・・。
窮屈を売りにしているので、大柄な方だとお尻が入らない可能性があるんです。
おそらく、男性だと平均的な体型か少し大きめな方がぎりぎりではないでしょうか。

また、こちらの商品は座椅子となるので、椅子の上に配置して使用することを考慮されていないため、
地面に置いて座椅子として使うことになります。
もちろん椅子の上に置けば使えないことは無いと思いますが、リクライニングの意味がなくなりますね。

使いづらい点もありますが、その点を除けばかなり腰痛改善によさそうな商品だと思います。
くれぐれもご自身の体型を考慮してのご購入を検討くださいね。

BackJoy(バックジョイ) Posture Plus(ポスチャープラス )

こちらは、言わずと知れたバックジョイのポスチャープラスです。
デスクワーク社の多い私の周りでも使っている人が多数の人気商品ですね。

バックジョイにはシリーズが「リリーフ」「ポスチャープラス」があり、それぞれに特色があります。

リリーフはナイロンプラスチック製なので柔らかくフィット感が強いです。
ただ、通気性は良いものの丸洗いができないのが少し残念な点ですね。

ポスチャープラスは、超軽量発泡素材クローズド・セルを表面に使用しており、フィット感と強いホールド感を実現しています。
こちらは、丸洗いが可能で常に清潔にできますが、少し重めという特徴があるので持ち運びには適さないかもしれません。

どちらも良い商品でこのような違いがありますので、ご使用環境に合わせて購入されるのが一番です。

ポイント

例えば、私の場合は会社での使用を考えるので、そんなに持ち運びは気にしません。

更に長ければ8時間以上座り続けるような仕事なので、
安定して骨盤を支えてくれるホールド感を重視したい。

なので「ポスチャープラス」を選択する。といった感じですね!

サイズ展開でミニサイズもあるので、女性やお子さん用にも最適なので、検討してみてください。
ちなみに、購入前のレンタルサービスなんてものもあるので、一度使用感を確かめてから購入を考えたい方は使用してみてください。

Backjoyお試しサービス

まとめ

今回は私と同じようなデスクワークが多い人向けに、
腰痛の原因と対策法をお伝えさせていただきましたが、いかがでしたか?

私の場合は、骨盤を立てるように意識することでかなりの改善が見られました。
ご紹介したような製品を使うことでもより簡単に腰痛の改善や予防が可能になるので、
ぜひ検討してみてください。

腰は健康寿命にも多きくかかわってくる物なので、
今のうちにケアしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました