「お父さんの靴臭い。」家族からの悲しい言葉を言われない3段階の対処法!!

ヘルス

仕事から帰ってきて家族から靴が臭いと怒られたことはありませんか?

一日、スーツと革靴を履いて働きつくして、疲れて帰宅したあなた。
ようやくゆっくりできると思いきや奥さんや娘さんから一言。

「お父さんの靴で玄関が臭い!!」

こんな悲しい一言を言われたことはありませんか。
特にがんばった日こそ臭くなる靴の匂いをなくして、こんな悲しい言葉を聴かなくてもよくしましょう!

そんな匂いを消してくれる方法を3段階でご紹介します!
ひとつずつクリアしていくことで確実に足の匂いからオサラバできます!

  • 靴の匂いに困っている方
  • 毎日歩き仕事で汗をかきやすい方
  • ストレスの多い環境で匂いが気になる方

足が臭くなる原因って何でしょうか?

そもそも足が臭くなる原因って何でしょうか?
まずはその原因から解説していきましょう。

足の匂いの原因は靴の中で繁殖した雑菌!?

よく勘違いしやすいのは足が汗をかくから臭いと考えている人がいますが、それは間違いです。

ポイント

サウナでかく汗や、お風呂をあがったばかりにかく汗は全然臭くないですよね?
この通り、汗は実は無臭なんです。
 
足の匂いの元凶は実は汗のにおいなどではなく、雑菌が靴の中で繁殖することが原因なんです!

ただし、汗と雑菌は大きく関係があります。
雑菌の格好のエサとして、足の角質が挙げられます。
これらがあれば、好き放題に増え散らかすことでしょうね。

また、汗をかくと革靴の中は蒸れてきますよね?
この蒸れた状態が高温多湿で更に雑菌の繁殖が活発になりがんがん雑菌が繁殖していくのです。

ストレスも足の匂いの原因になる!?

今日も会社で働いてきた方、本当にお疲れ様でした。
今日も大変な一日でしたか?

大変だったというか方、靴が大変な匂いを発しているかもしれませんよ。
というのも、足の匂いとストレスには関係性があることがわかっています。

心身に大きなストレスが発生すると、「緊張汗」なんて呼ばれる「精神性発汗」が起こります。
この精神性発汗が原因で足が臭くなるんです!

汗をかくと雑菌が発生して、靴の中が臭くなるのは前の項で説明しましたね?
それに加えて緊張性発汗というのは、汗自体に匂いが付いているのでより匂いが混ざり合ってかなり不快な臭さになるのです。

ポイント

なぜ、精神性発汗には匂いが付いているのかというと、含まれている成分が大きく変わってくるのです。
暑いときにかく汗というのは、ほぼ99%がただの水です。
それに比べて緊張性発汗は、たんぱく質ミネラルアンモニアなどを含んでおり、
これが強い匂いを発生させるのです。

なので、特に疲れた一日なんかは革靴の中がかなり強い匂いになっている可能性が・・・。

正しい対処方をして、足クサパパから脱却!!

がんばって働いてきたのに、「靴が臭い!」とか「足が臭い!」なんて悲しすぎますよね!!
正しい対処方をして、足クサパパから脱却しましょう!

まずは足を清潔に!

まずは基礎的なところから見ていきましょうね。
「いやいや、いつもきれいに洗ってるわ!!」と思った方も多いと思います。
むしろ、悩んでいる人ほどしっかり洗っていますよね。

でも、しっかりと洗っても匂いが取れない人いますよね??
これはしっかり洗っていて雑菌はいなくなってきっと清潔な状態にはなっているのでとてもよいです!
よいのですが・・・ただ、雑菌がエサを食べて出した匂いの成分「イソ吉草酸(きっそうさん)」が落ちてないので匂いが取れないんです。

この「イソ吉草酸(きっそうさん)」と言う成分、実は納豆に含まれているものと一緒で
よく「足が納豆臭い!」なんて例えられ方をするのはこの成分のせいです。

では、「イソ吉草酸(きっそうさん)」を落とすにはどうすればよいか。
それが、一時期話題になった重曹を使った足湯です!

「イソ吉草酸(きっそうさん)」は名前に酸と付くとおり酸性の物質なのですが、
アルカリ性の重曹の足湯につかると中和され、匂いを綺麗にとることができます。

重曹足湯の方法は、以下の通りです。

①石鹸で足を綺麗に洗う
 ※この時ボディーソープは使わないでくださいね!
 ※最近は保湿成分を含んだ物が多く、足をコーティングしてしまいますので、重曹足湯の効果を半減させてしまいます。
②洗面台に小さじ1~2杯程度の重曹を加えて混ぜる
 ※多すぎるとアルカリ性で肌を溶かしてしまいますので、気持ち少なめにしてください!
③10分程度足をつける
 ※アルカリ性水溶液なので、あまり長時間つけると皮膚を傷めるの最大でも20分程度で収めてください。

これをやってあげることで、足の匂いが劇的に解消されます!

本当は毎日やってあげるのが一番ですが、私の場合は週1回でもある程度は保っているような気がします。
ご自身のライフスタイルに合わせて、頻度は調整してみてください!

靴をしっかり休ませて乾燥させてあげよう!

足から綺麗に匂いが取れても、靴が臭いままだと履くたびに結局元通りです。
なので、いつも履いている靴も綺麗にしてあげましょう!

そのためにもまず大前提として、靴は1日履いたら2日は靴を休ませてあげましょう。

ポイント

靴は1日履くと、足から出る約コップ一杯分の水分を吸収しています。
この水分を蒸発して乾燥させるためにも、2日程度休めてあげるのがとても大事です!

その上で、乾燥を手伝ってあげる方法として、「新聞紙を靴の中に入れておく」ことも有効的です。
新聞紙は水分をかなり吸い取りやすいため、丸めて靴の中に入れておくだけで靴の乾燥を助けてくれます。

匂いの元を靴から完全にシャットアウトしよう!

湿気をなくして、清潔な状態になったらここから更に匂いの元をシャットアウトして、
もう匂いが出てこないようにしていきましょう!

匂いを発生させないためには、雑菌を繁殖させないことが重要となります。
そのためにも、消臭・抗菌効果のあるスプレーを使うのが効果的になりますので、
おすすめのスプレーを紹介していきます!

matsukiyo くつとブーツの消臭スプレー

こちらはティーアンドワイの「matsukiyo くつとブーツの消臭スプレーAg+」です。
おすすめするポイントは、抗菌・消臭効果の高い「銀イオン」「緑茶抽出エキス」
「グレープフルーツ種子エキス」「エタノール」が配合されている点です。

かなりの抗菌作用が期待できるので、においの元の雑菌を抗菌してくれます。

また、内容量が160mlと少ないように感じますが、小さいのが逆にカバンに潜ませるのによい感じなので、
会社でワンプッシュ消臭なんてこともできちゃいます。
きちんと使用後も履けるようにパウダーが配合されているので、速乾性もばっちりです!
お値段もその分リーズナブルですね!

飲み会のある日、お座敷の飲み屋さんも多く靴を脱ぐと自分の足のにおいのキツさを感じませんか?。
そんな時に飲み会に行く前にワンプッシュしておくだけで、
自分の靴のにおいに悩まされることがなくなるんですから一本持っておいて損はありません!

Simplity くつ用フレッシュデオスプレー

こちらは、マンダムのSimplity くつ用フレッシュデオスプレーと言う商品です。
抗菌成分として、「銀イオン」「緑茶エキス」が配合されており、雑菌の繁殖を抑えてくれます。

こちらもパウダーが配合されているので、
シュッとした後にすぐに乾くので靴を履く前にも使える優れものです!

また、この消臭スプレーの特徴は、微香性で爽やかなグレープフルーツの香りがするので、
雑菌の繁殖を抑えつつ足元をすっきりとした香りに彩ることができます。
グレープフルーツの爽やかな香りは、ある程度の匂いは覆い隠すことができるので、
他の無香料の物に加えて靴の悪臭を抑える持続性が高いといえます。

ただ、グレープフルーツの匂いに好き嫌いがありますし、
足の匂いが強くなってくると匂いが混ざって不快感が増すこともあるので、
使用する場合はきちんと定期的に実施しましょうね。

KIWI リフレッシュスプレー

こちらはKIWI リフレッシュスプレー と言う商品です。

この商品はとても特徴的で、スプレーの噴射口が底面に前後2つ付いています。
使い方は、底面を靴の中に立てて押し付けると2つの噴射口から靴全体に消臭効果が広がります。

消臭効果もとても高く、靴の中の悪臭をフローラルなシャボンの香りで消してくれます。
少し匂いが強めなので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、決していやな匂いではないと思います。

形も面白いですし、使用する人のことを考えたとても使いやすい構造をしているので、
特に朝時間の無い人は、履く前にワンプッシュ押し付ければOKのこれは便利なのではないでしょうか?

アロマスプレー シューズフレッシュ

こちらはアロマスプレー シューズフレッシュという商品です。

こちらはちょっと変り種の商品で、アロマにも使われる4種の製油をブレンドした消臭スプレーになります。
含まれている製油は「ティートリー」「ユーカリ」「タイム」「レモングラス」が配合されていますので、
匂いとしては爽やかなアロマの香りと言う感じでしょうか。

それぞれが高い抗菌作用を持つため、雑菌の繁殖も抑えてくれますし、
アロマの香りが続くので、靴の悪臭を長く抑えれくれます。

また、含まれている「レモングラス」は水虫の元の白癬菌にも効くので、
靴の匂い+水虫に悩まされている方にはうってつけの商品です!

 

まとめ

3段階の靴の匂いを抑える方法をご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

最近は特にスメハラ(スメルハラスメント)なんて言葉もできるくらい、
匂いに厳しい社会になってきています。

家族のため、周囲の人のため、また自分のためにも、
しっかりと対策をとって靴の不快な悪臭をきれいさっぱりなくすように努力していきましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました