職人のこだわりが詰め込まれたクラフトアイスクリームをお取り寄せ!【HiO ICE CREAM】

お得技
  • アイスクリームが大好きな方
  • 夏場の贈答品で迷っている方
  • 個性豊かなアイスクリームを味わってみたい方

皆さんは、「クラフト」製品をご存知でしょうか?

特に有名なもので言うと、「クラフトビール」をご存知の方は多いのではないでしょうか?
クラフトには、以下のような意味があります。
 ・技術
 ・工芸
 ・職人技

ただ、クラフト○○となると定義が若干あいまいになるのですが、
大体が「小規模な製作所が独自の技術や伝統を詰め込んだこだわりの製品」という意味合いが強くなります。

そんな、クラフト製品で今回は「クラフトアイスクリーム」を販売している【 HiO ICE CREAM 】 をご紹介いたします。

さて、【 HiO ICE CREAM 】をご紹介いたします。

【 HiO ICE CREAM 】さんが提供している「クラフトアイスクリーム」とは何でしょうか?

ビール、コーヒー、チョコレートのクラフトの流れは、
大量生産に最適化したモノづくりではなく、美味しさを最優先に小ロットのスモールバッチで製造し、
テクノロジーを活用して少しずつ量産させようとする動きと考えています。

 

スモールバッチであれば、まとまった量の確保が困難な素材を使うことができ、
産地の特徴を最大限に活かしたプロダクトを作ることが可能になります。

 

自らで足を運び、自らの舌で感じ、選んだ素材を独自に仕入れ、自分たちの工房でアイスクリームを作る、
この流れはクラフトのモノづくりの面白さであり、きっとお客様にとっても特別な体験となると信じています。

【 HiO ICE CREAM 】さんのホームページには上記の引用に様に説明されています。

クラフトは「小規模な製作所が独自の技術や伝統を詰め込んだこだわりの製品」という意味合いが強くなると説明しましたが、
まさにこの意味合いの通りですね。

大手のように大量生産に適応させた製品は安価で安定した製品提供が可能となります。
ただ、その大量生産のラインに適応した形で細部にまでこだわり適応させるのは困難を極めます。

その点、小規模ながら作り手のこだわりを満足するまで詰め込むことのできるクラフト製品は、
クォリティにおいて大手に負けずとも劣りません。
特別な体験のために「美味しさ」を最優先にしたのが、【 HiO ICE CREAM 】さんの「クラフトアイスクリーム」というわけですね。

クラフトアイスクリーム【 HiO ICE CREAM 】の公式サイトはこちら

美味しさの追求

【 HiO ICE CREAM 】さんのクラフトアイスクリームとは、
小規模ながら「美味しさ」を最優先にこだわりを詰め込んだものと記載しました。

では、こだわりのポイントを見ていきましょう。

アイスクリームの心臓ともいえる「牛乳」

ホームページでも真っ先に目に入ってくるのは、材料の「牛乳」に関することです。
「FARM TO CUP」という言葉とともに、独自に選定した牛乳について書かれています。

「FARM TO CUP」というのは、コーヒーなどでよく使われる言葉ですね。

「農園からカップ」までという意味で、
最高の味の追求のために「農園の選定」から「製品になるまで」の長い道のり一工程ずつを大切にしていることを伝えています。

また、生産者様の農園に関しても「インタビュー記事」を載せていて、
原材料に対してかなりクリアに情報を伝えようとしていることが感じられます。

現代では、食品の衛生問題で「顔が見える食品」が重要視されていますよね。
よくスーパーでも、生産者の情報が付けれらているものがあると思います。

そういった点でも、【 HiO ICE CREAM 】さんが原材料にかなりこだわっているのが感じ取れますね。

創っているところが見える工房

大手だと工場見学で、作成現場が見学できたりしますよね。

【 HiO ICE CREAM 】さんでは、同じように創っている現場を公開しています。
自由が丘にある店舗では、工房を丸見えにしており「作り手」の顔や、
創っているところを購入者が見えるようになっているのです。

それによって、私たち購入者が今から食べるものがどうやって創られたのかを
想像しながらいただくことができるので、安心して食べることができまよね。

また、どれだけの手間がかけられて創られているのかわかるので、
値段に対しても納得感をもって購入することができると思うので、一度見学に行ってみるのがとても良いと思います。

見てもらうことを考えて、【 HiO ICE CREAM 】さんは自由が丘の駅から徒歩5分というアクセスの良い立地にあります。

もちろん、Webサイトにも十分な情報が記載されているので、なかなか行く事が難しい方でも、
安心して購入できるようになっていると感じました。

【所感】Webサイトのクオリティ

ここは実際に私がWebサイトを訪問してみての所感になります。
なので、あまり読む必要もないのですが、見てみた感想を書いてみます。

【 HiO ICE CREAM 】さんのWebページは訪問した瞬間からクオリティの高さを感じました。
アクセスした最初の画面で作成工程を記録した映像が流れ、まず知って欲しい「原材料」のことを
最大限伝えるのに適したサイト構成をしています。

そこから製品紹介に行きますが、
「about」ページのクラフトアイスクリームに関する情報や、
「story」ページの生産者のインタビュー記事の情報など、サイト内だけでも情報密度がかなり高く、
購入者に納得した上で購入してもらおうという意思を感じます。

また、基本的にお取り寄せするための商品購入ページは「シンプル」です。
商品詳細の情報とカートに入れての購入手続きの一般的なECサイトといった感じ。
こちらも情報を読んで、納得したら購入までの動線をシンプルに動けるように計算されているように感じました。

クラフトアイスクリームへの強いこだわりもそうですが、
Webサイトでの情報発信もしっかりとこだわり、購入者への納得感を大事にされているのだなと
想像できて好感の持てるWebサイトでした。
是非、訪問してみて内容を読んでいただけたら、きっと同じような感覚をもってもらえると思います。

こだわりの部分を商品だけでなくWebサイトからも感じてみてください。

製品購入までの流れ

【 HiO ICE CREAM 】さんでは、商品の購入形態が3種類あります。

1つは「GIFT BOX(ギフトボックス)」で、ミニカップサイズで色んな種類のアイスを詰めたものになります。
人に「贈答」するときや自分用に色んな取得のものを味わってみたい場合は、こちらがオススメです。

 

2つ目が「Pint BOX(パイントボックス)」で、
パイントカップサイズ(473ml)のカップで提供されるアイスになります。
一度食べてみて、もっとたくさんアイスを味わいたい!っていう場合はこちらがオススメです。

 

3つ目が「Pint Club(パイントクラブ)」でこちらは定期購入になります。
月に一回、毎月異なるフレーバーのアイスクリームを届けてくれるサービスです。
かなり味にこだわった商品なので、
とても気に入った場合にいろいろなフレーバーを毎月楽しみたいという方にオススメです。
解約もできますし、翌月の味があまり好みではない場合は、その月はスキップするなども可能なので安心です!

贈答や、自分用に1回購入する場合は、「GIFT BOX(ギフトボックス)」か、「Pint Club(パイントクラブ)」がよいですね。
購入は商品の詳細ページからカートに入れましょう。

カートに購入したい商品が入ったら、「購入手続きへすすむ」を押して購入手続きへ進みましょう。

購入手続きでは、既にアカウントを持っている方は、メールアドレスとパスワードから「ログイン」でOKです。
初めて購入される方は、「会員登録して購入する」で情報を入力して購入可能です。

購入者の情報を入力して登録すると、支払い方法を選択する画面に移動できます。

支払い方法としては、「クレジットカード」「NP後払い」が指定できます。
NP後払いだと、請求書が郵送されるので「コンビニ」「郵便局」「銀行」「LINE Pay」で後払い可能です。

ここで支払い方法の登録が完了すると、
「注文確認」画面に行きますので「注文を確定する」ボタンで注文完了です!

注文完了するとかわいいアイスクリームが出てきます。
「美味しくアイスが食べられますように。」もかわいくてうれしいですね!

到着した商品のご紹介

実際に注文した商品が届きました!
もちろん冷凍で宅配され、「HiO ICE CREAM」と表記されたダンボールに
保冷剤が入った状態で送られてきました。

私が買った商品では、4種6個のアイスが入っていました!

まずは、「十勝シングルオリジンジャージーミルク」をいただきました。
濃厚なミルクに柔らかな甘みがとても美味しいアイスでした!

今回はアイスコーヒーとあわせてみたのですが、ミルクとの相性抜群でとても美味しかったです。

ご馳走様でした!

 

まとめ

ご当地品で有名なクラフトビールのように、
クラフトアイスクリームというのが出てきましたね!

大量生産を目的としていないため、生産者のこだわりが詰め込まれた、
とても美味しいアイスを自宅にお取り寄せできるということで、ご紹介してきました。

夏に暑い時期など贈り物にも、
自分へのご褒美としても最適な商品ではないでしょうか?

ぜひ、お試ししてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました